夏野菜の揚げ浸し

画像





















つゆ特有のじめじめとした日が続いております。
我が家のプラズマクラスターは、室内湿度が常に70%前後を差していて、
あ~~あ、つい最近まで乾燥して困っていたのになあ、てかんじです。
どんなに暑い夏でも決して食欲の落ちないミナクチですが、
じめじめむしむし…ともなると、とたんに「炭酸」と「酢」がほしくなります。
そうだそうだ、と作ったのが「揚げ浸し」。
冷蔵庫で冷やすと、さらにおいしさが増して、いくらでも野菜が食べられます。
和浸しもいいけど、たまには変化球版です。
揚げ、といっても少し多めの油で「焼き揚げ」する感じで作ってます。
「中国黒酢」を使うと、ツンとした酸っぱさが和らぐのではまり中~!
もちろん、普通の酢でも、鹿児島の黒酢でもおいしくできますよん♪



「夏野菜の煮浸し・シノワ風」

夏野菜 (なす、ししとう、ピーマン、などなど)
長ネギみじん切り
かつおぶし

(ひたし汁)
だし汁 大さじ4
醤油 大さじ2
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
中国黒酢 大さじ2
砂糖 大さじ1
ごま油 少々

1 なすは輪切りにして片面に格子に切り込みを入れる。ほかは食べやすく切る。
2 ひたし汁の材料を合わせて火にかけ、ひと煮立ちさせる。
3  フライパンに多めの油を熱して、野菜をこんがりと焼く(なすは特に油と相性がよいので、こんがりとしっかり焼き上げる)。
4 焼けたそばから、ひたし汁に絡める。刻んだねぎと鰹節を全体にかけて冷蔵庫で冷やす。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント